柔道整復師の業務を軽減|人気のあるデイサービスを経営しよう|独立のコツを把握すること
このエントリーをはてなブックマークに追加

柔道整復師の業務を軽減

男性

会員制のサポート団体

柔道整復師会は、国家資格を持つ治療技術者である柔道整復師で構成される同業者団体です。柔道整復師は接骨院や整骨院と呼ばれる治療施設に勤務し、骨・関節・筋肉などに係る傷病の治療に従事します。そればかりでなく、自ら施設を開業することも可能です。柔道整復師会は、そうした開業者に向けたさまざまなサポート事業を行っています。開業を準備している者に対して事業計画の策定や関係各署への手続き方法などについてアドバイスを提供するとともに、開業後の柔道整復師に対する支援体制も整っています。具体的な事業の内容は会ごとに異なりますが、主なところでは新しい治療技術に関する研修の実施、治療機器の斡旋、各種福利厚生事業などがあります。

保険請求業務を効率化

もちろん、事業運営に直結するサポートも行っています。その最たるものが、団体委任払いという制度です。柔道整復師の行う施術はその一部が健康保険の給付対象となりますが、法律上は患者がいったん治療費の全額を支払い、後から払い戻す現金給付の扱いになっています。しかし受領委任払いという制度を採用すれば、柔道整復師が払い戻し請求を代理し、患者本人は自己負担分のみを支払えばよいことになっています。団体委任払いは、この受領委任払い制度を柔道整復師会ごとに取りまとめて行うシステムです。通常であれば、保険者への診査依頼や請求書の提出といった業務はすべて自分で行わなければならないのですが、柔道整復師会に加入していればこれらの手続きはすべて会が代行するので、業務を軽減できるというメリットがあります。