このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは導入から

クレジットカード

クレジットカード決済を導入すれば、顧客側にとっても購入の方法や支払いのやり方に幅が出るので便利です。店側にとっても代金をきちんと回収することができるため、多くの企業がクレジットカード決済を活用しています。

もっと読む

スムーズに行なうために

ラーメン

ラーメン屋を少ない資金で開業したいなら、居抜き物件を使っておくのがおすすめです。本来ならどこかで修行させてもらうのが良いのでしょうが、もっと手軽にやりたいなら、フランチャイズ契約をしておくと誰でもできます。

もっと読む

柔道整復師の業務を軽減

男性

柔道整復師会は、医療関連資格の1つである柔道整復師で構成される同業者団体です。会員相互の親睦や情報交換を行う場であるだけでなく、開業を目指す者への支援、保険給付金の請求手続き代行など、業務に直結するサポート事業を提供しています。

もっと読む

良い形で開業するために

歯科

利用者が集まる物件を選ぶ

歯科医院の開業を目指している場合、まず確保しなくてはならないのが、開業物件です。開業物件はどこでもいいというわけではなく、どの場所を選ぶかというポイントによって、歯科医院の利用者の数に影響します。そのため歯科医院の開業物件について考えていく場合には、立地について考えていくようにしましょう。では歯科医院は、どのような場所に開業するのがいいのでしょうか。人が集まる場所が適しているという意味では、普通の商売と変わりません。例えば駅前の物件や多くの方が住んでいるマンションの近く、さらにショッピングセンターの中などを選ぶのもいいでしょう。候補となる物件を探して、それぞれどのような利用者が見込めるのか考えて、物件を選ぶようにしましょう。

予算を考えて選ぶこと

歯科医院の開業物件選びで忘れてはならないのが、予算の問題です。駅前の一等地のような場所は、人が集まるという分には文句ない物件となりますが、費用も高くなってしまいます。そこで開業物件について考えていく時には、予算も合わせて考えていくようにしましょう。予算内でいい物件を探すためには、居抜き物件の利用を検討するのも1つの手です。元々歯科医院だった物件であれば、改装のために必要な費用を最小限に抑えられます。また開業物件のために必要な費用を少しでも増やすために、内装を中古品ですませて節約するという方法もあります。開業したら簡単に場所は変えられないので、最初の開業物件をできる限り良い条件で選べるように工夫しましょう。

歯科医院以外にもデイサービスの経営も近年注目を集めています。歯科もデイサービスも小さなスペースで経営が可能ですし、人材も少しで済むため経営がしやすいのです。お客様へのサービスが鍵となるお仕事ですので、コミュニケーション能力を向上させるなどの工夫で経営状況もよくなるでしょう。クライアントフリークの精神で仕事をすることが重要になってきます。